フィリピン英会話ネット
2010年06月26日

安室 奈美恵がフィリピンデビュー

安室 奈美恵(あむろ なみえ 1977年9 月20日 - )は、日本の女性歌手。沖縄県那覇市出身。





安室 奈美恵がフィリピンデビューした、と書くと正確ではないが、このところ安室 奈美恵が出演するCMがフィリピンのテレビで流されるようになった。そのCMとは「Coca Cola Zero」の30秒CM。


Amuro Namie Coke Zero CM (フィリピン版)

日本でも同一のコマーシャルが流されているのだと思うが、日本人アイドルがフィリピンのコマーシャルに登場するのはとても珍しい。

フィリピンで有名な日本の芸能人というと、まず筆頭が仲間由紀恵(なかま ゆきえ)だろう。なにしろ仲間由紀恵主演のドラマ「ごくせん」はタガログ語に吹き替えされて放映され、ここフィリピンでも大ヒットした。




仲間由紀恵のドラマ「ごくせん」

次に有名なのは?というと、もう、思い浮かばない。なぜなら、フィリピンでは日本ドラマはほとんど放送されないからだ。フィリピンでは一時期、メキシコのドラマが立て続けに放送され、その後、韓国ドラマが次々と放送されるようになった。テレビ局がそれらの国の人気番組を買い付けてきて、タガログ語に吹き替えて放送したからだ。しかし、日本ドラマはほとんど放送されていない。「ごくせん」のように日本ドラマも放送すればヒットするのだが、もしかしたら放映権が高くて、そう易々と買えないのかもしれない。

一方、アニメに目を移せば日本アニメ一人勝ちである。地上波でも「ドラゴンボール」(Dragon Ball)や「Naruto」に「HUNTER×HUNTER」、それから「カードキャプターさくら」(Cardcapter SAKURA)なんかも全部タガログ語の吹き替えで放送しているし、ケーブルテレビのANIMAXでは24時間、日本アニメを放送している。あの「鋼の錬金術師」(Fullmetal Alchemist)の最新版もANIMAXチャンネルで日本とほとんど時差無く見れたくらいだ。




「鋼の錬金術師」(Fullmetal Alchemist)

しかし、日本アニメが人気があるからといって、それが日本好きを意味するわけではない。視聴者はあくまでもアニメを消費しているのであって、なおかつアニメの世界は想像の世界に過ぎない。しかし、これがドラマとなると少し違う。ドラマの舞台は日本であり、登場人物も日本人だから、確実に日本理解が進む。日本政府も「Cool Japan」として日本の文化輸出を促進したいらしいから、日本ドラマに輸出補助金でもつけて、フィリピンに輸出してくれないものだろうか?そうすれば、そのおこぼれで日本人がモテるようになるかもしれないし・・・・
posted by philculture at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月13日

Pinoy Big Brotherのトリシア(Tricia)

PBB(Pinoy Big Brother)からとうとうトリシア(Tricia)が消えた。

tricia.jpeg
Tricia (Patricia Mae "Tricia" Santos)

Tricia (Patricia Mae "Tricia" Santos)はダバオから参加した15歳(1995年5月18日生まれ)、今回のPinoy Big Brother: Teen Clash of 2010の出場者の中では2番目に若い存在だった。

写真を見ての通り、唯一の美形であり、視聴者からの人気も高かったが、アンチも多く、自己中心的な性格が嫌われていた。そのため、番組の中でこれまで7回あった「退場者決定」の日には今回を含めて6回も候補者に挙げられる常連ぶりで、その毎に視聴者からの「救出投票(SAVE VOTE)」によって救われてきた。

tricia 03.jpg
Tricia(Pinoy Big Brothers)

しかし、6月11日(金)放送の回でとうとう退場になってしまった。理由は、今回の投票では「救出(SAVE)」に加えて「退場(EVICT)」の視聴者投票が取り入れられたことだ。これにより、アンチ・トリシア票が一気に集中し、トリシア(Tricia)は退場となってしまった。

evict save vote tricia.jpg
EVICT SAVE 投票結果1

eviction result tricia.jpg
EVICT SAVE 投票結果2

上の表は当日の投票結果だが、A-Dがそれぞれの退場候補者、そしてDがトリシア(Tricia)の票である。SAVEからEVICTを引いた数が一番大きいものが退場させられるのだが、この表を見れば一目瞭然、EVICT、SAVEともにトリシア(Tricia)の数値が突出していることがわかる。つまり、ファン、アンチともにトリシアは突出していたわけだ。

Tricia 05.jpg
トリシア(Tricia)

フィリピンでは美人は人気を集めるが、一方でその羨望のまなざしは容易に妬みに転化する。そしてその妬みを正当化するため「あの娘は性格が悪い」となるのだ。トリシア(Tricia)はまさにこのケースだった。

しかし、これだけの注目を集めたトリシア(Tricia)、今後、芸能界入りして、トップアイドルの一人になる日も近いかもしれない。
posted by philculture at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。