フィリピン英会話ネット
2009年06月11日

フィリピン大学(UP)

フィリピン大学(University of the Philippine: UP)は1908年、アメリカ統治下に設立されたフィリピン最高学府である。歴代7人の大統領、12人の司法長官、ナショナル・アーティスト(人間国宝のようなもの)57人中36人、ナショナル・サイエンティスト(学士院会員のようなもの)31人中30人を輩出している。

フィリピン大学(UP)はフィリピン全土に6つのキャンパスを持ち、全学で約5万人の学生と、4千人の教員を擁する。その中でも首都圏ケソン市にあるUPディリマン校が本部キャンパスであり、約2万3千人の学生が学んでいる。

UP oblation.jpg
UPオブレーション

このフィリピン大学の象徴が「裸の男性が両手を広げ体を投げ出した」格好をしたオブレーションと呼ばれる銅像である。これには「隠し事無く、我が身を国のために捧げる」という国家的英雄ホセ・リサールの思想が込められている。

毎年12月になると、フラタニティーと呼ばれる学生組織の会員がオブレーション・ランと称して、裸で校内を走る。UPオブレーションの精神を体現するためだ。


さらに、2008年の12月にはUP創立100周年を祝って卒業生100人が全裸となった。

すでに神格化されているフィリピンのバンド、イレーサーヘッズ(Eraserheads)や、人気ロックバンド、カミカゼ(Kamikazee)のメンバーはフィリピン大学出身であり、学内バンドから出発している。同じく、現在はコメディアンとして活躍しているチューズデイ・バルガス(Tuesday Vargas)もUP出身である。

このように、政治家、官僚のみならず、メディア、芸術家、芸能人、バンドの中にもUP出身者は多い。フィリピン大学は学問や政治だけでなく、文化の発信地でもあるのだ。


posted by philculture at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。