フィリピン英会話ネット
2009年06月20日

ミスコンテストでフィリピン勢が強い


ジェラミー・ディゾン(Geramie Dizon)19歳、がミスアジアUSA2009の栄冠を手にした。ジェラミーはボディ・ショット2006で2位に選ばれたこともあるアメリカのモデルである。

これでフィリピン出身でミスアジアUSAに選ばれたのは7人目となる。他の6人のフィリピン出身のミスアジアUSAはGemma Hipolito (1992)、Cheryl Nunes (1995)、 Jamie Santiago (1996)、 Karen Borja (1998)、Angelina Macaulay (2000) そしてFeilani Bennett (2001)である。

第21回ミスアジアUSAの決戦大会にはアジア13諸国出身の19人の参加者によって行われた。ミスアジアUSAはアメリカ国内のアジア出身女性を対象とした美人コンテストであり、4分の1以上のアジアまたは中東の血統を持っていることを条件としている。

また、5月3日に中国で開催された第一回インターナショナル・ビューティー・アンド・モデル・フェスティバル2009ではフィリピン代表のエイプリル・ラブ・ジョーダン(April Love Jordan)が43カ国の代表の中から一位に選ばれている。

エイプリルは3月に行われたミス・フィリピン2009(Binibining Philipinas 2009)でトップ10に残った出場者だった。


posted by philculture at 08:32 | Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。