フィリピン英会話ネット
2009年06月30日

イレーサーヘッズ(Eraserheads:E-heads)

イレーサーヘッズ(Eraserheads:E-heads)はフィリピンですでに神格化されたポピュラー・ロック・バンドである。
ely buendia.jpg
Ely Buendia: photo by jonasismo

1989年、当時フィリピン大学(UP)の学生だったエリー・ブエンディア(Ely Buendia:ボーカル、リズムギター)、レイモンド・マラシガン( Raimund Marasigan:ドラム)、ブディー・ザバラ( Buddy Zabala:ベース) そしてマルクス・アドロ(Marcus Adoro:リードギター)の4人で結成された。

E-headsは最初、大学やライブハウスで演奏していたが、瞬く間に学生の間で人気がでて、93年、ファーストアルバム「UltraElectroMagneticPop!」が大ヒット、フィリピンではそれまでにない30万枚という記録的な枚数を売り上げ、一気にフィリピンNo.1のスターダムへとのし上がった。収録曲「Pare Ko」には放送禁止用語も使われており、ラジオ放送が禁止されるなどの制限を受けたが、そのことが逆に話題にもなった。

E-headsは「フィリピンのビートルズ」とも称されるが、実際、曲調はビートルズの影響を強く受けている。「Fruit Cake」や「With a Smile」などはジョンレノンが生きていたなら作っていたんじゃないかと思われるような曲だ。E-headsの曲の多くはエリーにより作詞・作曲されており、その歌詞は言葉遊びとDouble Meaningが多用されたものだった。

E-headsのライブではTシャツにジーンズといったラフなスタイルで演奏することが多く、庶民にとっても遠くない存在だったのも特徴だ。そのため、CMソングに起用されるのもバーガー・マシーン(Burger Machine) やチーピー(Chippy)など、庶民的なものが多かった。ちなみにそのころ、ジョリビー(Jollibee)のCMには国民的二枚目俳優アガ・ムラックが、マクドナルドのCMには国民的女優シャロン・クネタがそれぞれ起用されていた。

E-heads at MOA.jpg
E-heads復活コンサート(MOA) photo by roxj

1997年には3rd アルバム「Cutterpillow」の収録曲Ang Huling El BinboがMTV Asia Viewer's Choice Awardを獲得。これはフィリピンのバンド初の受賞であり、快挙だった。

しかし、2002年、ボーカルのエリーが突然脱退。バンドは解体した。解散後はそれぞれのメンバーが別々にバンドを作り、または別バンドへ参加して音楽活動を続けている。2005年にはE-headsに影響を受けた、または尊敬するフィリピンの有名歌手、バンドによるE-headsのトリビュート・アルバム「Ultraelectromagneticjam!: The Music Of The Eraserheads」が作成されている。これに参加したのはキッチー・ナダル(Kitchie Nadal)、イマーゴ( Imago)、オレンジ・アンド・レモンズ( Orange and Lemons)、サウスボーダー( South Border)、ブラウンマン・リバイバル(Brownman Revival)、シュガーフリー(Sugarfree)、エムワイエムピー(MYMP)、スポンジ・コーラ(Sponge Cola)シックス・サイクル・マインド(6Cycle Mind)、フランシス・エム(Francis M.)、リコ・ジェー・プノ(Rico J. Puno)そしてラディカル・サゴ・プロジェクト(Radioactive Sago Project)など、第一線の人気バンドである。

piano of sticker happy[1].jpg
photo by charisseyorke

2008年8月、一夜限りのE-heads再結成コンサートがFort Bonifacioで開催されたものの、エリーが心臓発作で倒れ、途中で中止となった。そこで2009年には再び「最後の」再結成コンサートが開かれ、10万人のファンがモール・オブ・アジアの野外会場を埋めた。コンサートの終わりに、エリーはE-headsの象徴であり、5thアルバム「Sticker Happy」のジャケットにも使われたピアノにガソリンをかけて焼いてしまうという行動に出た。これで本当に最後という強い意思表示だったと言える。

E-headsはフィリピンのバンド文化およびOPM(Original Philipino Music)を変えた存在である。

MTV Award 受賞曲 Ang Huling El Bimbo


注:2009年にはマクドナルドのCM曲にE-headsの曲が採用された。これはE-headsが神格化された現れである。
posted by philculture at 18:47 | Comment(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。