フィリピン英会話ネット
2009年07月20日

ヤノ(YANO)

Yanoは1993年、フィリピン大学の学生だったドン・アバイ(Dong Abay)とエリック・ガンシオ(Eric Gancio)を中心に結成されたフィリピンのフォーク・パンクバンドだ。Yanoはシンプルで強いリズムに乗せて、政治的なメッセージ性の強い曲や、社会的な問題を歌うのが特徴だった。

yano.jpg
Yano :photo by kaibandavao

Yanoのデモテープはフィリピンを代表するオルタナティブ・シンガー、 ジョイ・アヤラ(Joey Ayala)の自宅スタジオで録音された。その中でEDSA革命を題材とした“Kumusta na”がブレイク。プロ活動へと繋がっていく。

YanoはMayrics、Club Dredd、70s Bistroを拠点としてライブ活動をしていた。この3つのライブハウスはどれもケソン市内にあり、E-headsRivermaya、それにParokya ni Edgarも出演する、まさにフィリピンバンド文化の発信地だった。

eric garcio.jpg
Eric Gancio :photo by keith bacongco

94年、アルバム「Yano」を発表、爆発的に売れた。収録曲”Banal na Aso”は宗教の偽善に対する批判、”Trapo”は伝統的政治家への批判、”State U”はフィリピン大学への皮肉となっている。またアメリカへ移住してしまう彼女との別れを歌った”Paalam Sampagita”(97年「Tara」収録曲)や、叶わぬ片思いを歌った”Senti”などのラブソングも有名である。

dong abay.jpg
Dong Abay :photo by sancho papa

97年、ボーカルのドン(Dong)が病気療養のためバンドを去り、Yanoは解散。エリック(Eric)は故郷のミンダナオへ帰った。2002 年、5年間の休養を経て、ドン(Dong)はPanの名でバンド活動を再開するが、学業へ復帰するため、翌年活動停止。その後、ドン・アバイ(Dong Abay)はようやくフィリピン大学を卒業した。入学から18年目のことだった。

現在、エリック・ガンシオ(Eric Gancio)がYanoの名でミンダナオ島・ダバオを拠点としたバンド活動を再開している。

Yano: Banal na Aso
posted by philculture at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123916863

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。