フィリピン英会話ネット
2009年08月06日

クリスティーン・ヘルモサ(Kristine Hermosa)

クリスティーン・ヘルモサ(1983年生まれ)

kristine hermosa 01.jpg

クリスティーン・ヘルモサ(Kristine Hermosa)はフィリピンの女優であり、スペインの血を4分の1受け継いだメスティサである。

クリスティーンはABS-CBNのタレント養成機関であるStar Magic出身で、8歳の時から子役として活躍。13歳の時にはAng TVにレギュラー出演していた。このAng TVはABS-CBN所属の子役たちによるギャグ・バラエティショーなのだが、歴代の出演者の中にはクラウディン・バレト(Claudine Barretto:女優)、リカ・ペラレホ(Rica Peralejo:女優)、アンジェリカ・パガニバン(Angelica Panganiban:女優、アイドル)、カイ・アバッド(Kaye Abad:モデル、女優)、それにシャインナ・マグダヤオ(Shaina Magdayao:女優、アイドル)などフィリピンを代表する女優、アイドル、モデルが多数いる。

クリスティーン・ヘルモサの女優としての出世作はなんといっても2000年のドラマ「Pangako sa 'Yo」である。このドラマは超二枚目俳優ジェリコ・ロサレス(Jericho Rosales)との共演で、2000年11月から2002年9月まで約2年に渡り、全480話というロングランのドラマであった。実は、フィリピンのドラマというのは、普通、月曜日から金曜日まで毎日ぶっ通しで週5回放送されるのだ。ここが日本のドラマ(普通は週1回)と大きく違うところだ。

kristine hermosa 02.jpg
クリスティーン・ヘルモサ(Kristine Hermosa)

「Pangako sa‘Yo」は人気が高く、最高視聴率56.6%、平均視聴率46.4%あったと言われている。実際、放映中は多くのフィリピン人がテレビに噛り付いて見ていた。この高視聴率により当初の放送予定(8ヶ月)が大幅に延長され、2年にわたる長編ドラマとなったらしい。

クリスティーン・ヘルモサはこの「Pangako sa‘Yo」により名実ともにフィリピンを代表する女優となり、2000年からこれまでに15本の映画へ出演している。
posted by philculture at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125146989

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。