フィリピン英会話ネット
2009年08月22日

関内・マリア・太郎はフィリピン人である!



関内・マリア・太郎
maria taro.jpg
http://journal.mycom.co.jp/photo/news/2009/04/25/005/images/011l.jpg
関内・マリア・太郎

不法入校・難民少女。
アジア系の人物だが国籍不明。アジア某国からコンテナに乗って不法入国した。性格は陽気で好奇心旺盛な分いたずら好き。靴とパンツをはくと気持ち悪くなり目が回る為、常にノーパンと裸足で過ごしている。 とてつもない貧乏暮らしを強いられており、日々の暮らしをクラスメイトからの援助と、足りない分は拾い食いや粗大ゴミを再利用する事でどうにか立ててい る。 一見高校生に見えないほど幼い感じだが、入国前には死線をくぐってきた過去を持つ。(出典:Wikipedia)

さよなら絶望先生 第18集 限定版
さよなら絶望先生

関内・マリア・太郎は、漫画「さよなら絶望先生」のキャラクターである。設定ではアジア系で国籍不明とされているが、関内・マリア・太郎はフィリピン人である。

まず、身体的特徴。浅黒い肌に大きな目、背は低く、痩せている。これは典型的な若いフィリピン人の体型だ。

次に、名前。マリアは関内太郎(せきうつたろう→籍売ったろう?)から国籍(学籍?)を買ったので本名ではないが、ミドルネームのマリアは本名である。ファースト・ネームやミドルネームにマリアとつけるのはキリスト教圏の特徴であり、アジアの中ではフィリピンだけが唯一カトリックを信仰するキリスト教国である。

そして、性格。天真爛漫で好奇心旺盛、何事もポジティブに物事を捉える。これは典型的なフィリピン人の性格だ。環境への順応性は高さや、学習能力の高さもフィリピン人の特徴だ。

最後に、戦争体験。設定ではマリアは日本への(不法)入国前、母国の村が戦争で焼かれたことになっている。絶望先生の時代設定自体が不明なのだが、フィリピンでは1980年代にはネグロス島で国軍と共産党・新人民軍との大規模な戦争があり、一般人も巻き込まれて多くの死傷者を出している。また、ミンダナオ島ではムスリム支配地区が存在し、60年代から国軍との間で激しい戦闘がつづいていたし、90年代後半のエストラーダ政権下でも国軍とムスリム勢力 モロ・イスラム解放戦線(MILF)との間で全面戦争が行われ、50万人の被災者が出たと推計されている。

このような状況を考えると、マリアはミンダナオ島のムスリム支配地区と接するキリスト教徒の村で生まれ育ち、国軍とムスリム勢力との戦争に巻き込まれ、村を焼かれた可能性が高い。

ミンダナオ島にはバナナとマグロの輸出基地があり、日本へ船で運んでいるから、マリアはそれらの船に紛れ込み、日本へ入国したのではないだろうか?

というわけで、関内・マリア・太郎はフィリピン人なのである。

【関連】さよなら絶望先生、三度目の絶望。
(大槻ケンヂ・インタビュー)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000959-bark-musi


posted by philculture at 06:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

美少女の輝き―アジアンスマイル〈1〉 (アジアンスマイル (1))
Excerpt: 美少女の輝き―アジアンスマイル〈1〉 (アジアンスマイル (1)) ホントに、美少女ばかりの写真集です。 弟や妹のお世話をする女...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-09-09 18:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。