フィリピン英会話ネット
2010年05月27日

マレーシア人女優 カルメン・スー(Carmen Soo)

カルメン・スー(Carmen Soo)はフィリピンで活躍する中国系マレーシア人の女優、モデル。

Carmen soo 04.jpg
マレーシア人女優 カルメン・スー(Carmen Soo)

カルメン・スー(Carmen Soo 1977年生まれ)はマレーシアで生まれ育ち、大学を卒業。マレーシア語、中国語、英語を流暢に話し、フィリピンでの仕事を始めてからはタガログ語も習得している。

17歳でモデルの仕事を始め、20歳で香港へ本拠を移し、シンガポールなどでもCMモデルとして有名となった。1999年にはジャッキー・チェン主演の映画 ”Gorgeous”に脇役としてではあるが出演するなど、女優としての仕事も開始した。

carmen soo 03.jpg
カルメン・スー(Carmen Soo)

カルメン・スー(Carmen Soo)がフィリピンで一躍有名となったのは2008年、ABS-CBNとマレーシアのテレビ局Double Visionの共同制作ドラマ“Kahit Isang Saglit”に人気俳優ジェリコ・ロサレス(Jericho Rosales)の相手役として共演したのがきっかけである。ドラマではカルメン・スー(Carmen Soo)はマレーシア人として出演しているが、ドラマはフィリピンを皮切りにマレーシア、シンガポールでも放送され、エミー賞にもノミネートされるに至った。

カルメン・スー(Carmen Soo)は2010年4月からは4人から8人に倍増されたWowoweeのアシスタント(co-host)の一人として活躍している。

Carmen Soo 01.jpg
カルメン・スー(Carmen Soo)
posted by philculture at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。