フィリピン英会話ネット
2010年05月01日

Zelle(ゼル)のUpuan

Zelle(ゼル)のUpuan


UPUAN by GLOC-9 feat. Jeazell Grutas

UPUAN

Kayo po na naka upo,
Subukan nyo namang tumayo
Baka matanaw, at baka matanaw na nyo
Ang tunay na kalagayan ko
Ganito kasi yan eh...

Verse 1:
Tao po, nandyan po ba kayo sa loob ng
Malaking bahay at malawak na bakuran
Mataas na pader pinapaligiran
At naka pilang mga mamahaling sasakyan
Mga bantay na laging bulong ng bulong
Wala namang kasal pero marami ang naka barong
Lumakas man ang ulan ay walang butas ang bubong
Mga plato't kutsara na hindi kilala ang tutong
At ang kanin ay simputi ng gatas na nasa kahon
At kahit na hindi pasko sa lamesa ay may hamon
Ang sarap sigurong manirahan sa bahay na ganyan
Sabi pa nila ay dito mo rin matatagpuan
Ang tao na nagmamay-ari ng isang upuan
Na pag may pagkakatao'y pinag-aagawan
Kaya naman hindi niya pinakakawalan
Kung makikita ko lamang siya ay aking sisigawan

Chorus:
Kayo po na naka upo,
Subukan nyo namang tumayo,
Baka matanaw, at baka matanaw na nyo
Ang tunay na kalagayan ko

Verse 2:
Mawalang galang na po
Sa taong naka upo,
Alam niyo bang pantakal ng bigas namin ay di puno
Ang ding-ding ng bahay namin ay pinagtagpi-tagping yero
Sa gabi ay sobrang init na tumutunaw ng yelo
Na di kayang bilhin upang ilagay sa inumin
Pinakulong tubig sa lumang takuring uling-uling
Gamit lang panggatong na inanod lamang sa istero
Na nagsisilbing kusina sa umaga'y aming banyo
Ang aking inay na may kayamanan isang kaldero
Na nagagamit kapag ang aking ama ay sumweldo
Pero kulang na kulang parin,
Ulam na tuyo't asin
Ang singkwenta pesos sa maghapo'y pagkakasyahin
Di ko alam kung talagang maraming harang
O mataas lang ang bakod
O nagbubulag-bulagan lamang po kayo
Kahit sa dami ng pero niyo
Walang doktor na makapag papalinaw ng mata niyo
Kaya...

Wag kang masyadong halata
Bato-bato sa langit
Ang matamaay wag magalit
O bato-bato bato sa langit
Ang matamaan ay
Wag masyadong halata
Wag kang masyadong halata
Hehey, (Wag kang masyadong halata)
(Wag kang masyadong halata)
Yeahhey...

Upuan(椅子)はGloc9の4枚目のアルバム「Matrikula」(2009年)に収められた曲。Gloc9らしく、フィリピンの貧富の格差を描き出したシリアスなラップで、シングルリリースもされている。この曲で共演しているのはZelleのボーカルJeazell(ジセル)。

Zelle (ゼル)はJeazell Grutas(ジセル・グルタス 24歳)がボーカルを務めるフィリピンのオルタナティブ・ポップ・ロック・バンド。気だるく伸びのあるボーカルと、バイオリンの音色が特徴で、クランベリーズ (The Cranberries)に似ている。代表曲「Sabihin」は全国的にヒットし、2008年には第3回MYXミュージック・アワードでベスト・バンダリト・パフォーマンス賞を獲得した。


Zelle - Sabihin
posted by philculture at 11:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月31日

Himala by Rivermaya

Himala by Rivermaya


Pangarap ko'y
Makita kang
Naglalaro sa buwan

Inalay mo
Sa aking ang
Gabing walang hangganan

Hindi mahanap
Sa lupa ang pag-asa
Nakikiusap na lang

Himala
Kasalanan bang
Humingi ako sa langit ng
Isang himala
Kasalanan bang
Humingi ako sa langit ng
Isang himala

Pangarap ko'y
Makita ang
Liwanag ng umaga

Naglalambing
Sa iyong mga mata

'Di mahagilap
Sa lupa ang pag-asa
Nakikiusap sa buwan

Himala
Kasalanan bang
Humingi ako sa langit ng
Isang himala
Kasalanan bang
Humingi ako sa langit ng
Isang himala

夢は君が月で遊ぶのを見ること
君は僕に終わりのない夜をくれた

地上で希望を見つけることはできない
ただ願うことは

奇跡、
天に一つだけ奇跡を願うことは罪だろうか
天に一つだけ奇跡を願うことは罪だろうか

夢は明るい朝を見ること
甘い君の瞳

地上で希望を見つけることはできない
月に願いを

奇跡、
天に一つだけ奇跡を願うことは罪だろうか
天に一つだけ奇跡を願うことは罪だろうか


Himala (奇跡)はRivermaya(リバーマヤ)による1996年の発表曲。当時のRivermaya のボーカルはまだBamboo(バンブー)だった。HimalaはBambooがRivermayaを脱けてからもRico Blanco(リコ・ブランコ)をボーカルとして歌われ、Rivermayaの代表曲の一つとも言える。

Himala by Yeng Constantino& Jay R Siaboc(2007)


その後、HimalaはYeng Constantino& Jay R Siaboc(2007)、 Kitchie Nadal(2008)、そしてJay R(2010)など多くの歌手によってカバーされ、現在はJudy Ann Santos(ジュディ・アン・サントス)が主演するABS-CBNのテレビドラマ「Habang May Buhay」でKitchieの歌うHimalaが挿入歌として使われている(ドラマ「Habang May Buhay」の原題は「Himala」)。

Himala by Kitchie Nadal(2008)

posted by philculture at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月03日

フィリピンのヒップホップ:Gloc9(グロック・ナイン)

Gloc9(グロック・ナイン)はフィリピンを代表するラッパー。2005年から2007年までフィリピン・ヒップホップ・ミュージック・アワード(Philippine Hip-Hop Music Awards)を連続受賞している。

gloc9.jpg
Gloc9(グロック・ナイン)

Gloc9のラップの特徴は、流れ出すように早口なスタイルと、曲の多くがヒップホップ(Hip Hop)にも関わらず、どこか物悲しい雰囲気に包まれていることだろうか。

Gloc9はフィリピンを代表するミュージシャンとの交友も広く、彼が最も強く影響を受けたというラッパーの一人だったフランシス・マガロナ(Francis Magalona:2009年逝去)とは「Lando」(2007年)で共演、パロキャ・ニ・エドガー(Parokya ni Edgar)の「Bagsakan」(2007年)はチト・ミランダ、フランシス・マガロナ、そしてグロック・ナインの3人の競演となっている。その他、E-headsのトリビュート・アルバムでは「Torpedo」を歌い、最近では6cyclemind(シックス・サイクル・マインド)の新曲「Kasalanan」で共演するなど、多くのミュージシャンと協働している。

アルバムにG9(2003年)、Ako Si…(2005年)、Diploma(2007年)、Matrikula(2009年)がある。

Gloc9&Francis M「Lando」

posted by philculture at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月06日

フィリピンの女性ロックバンド Duster

ダスター(Duster)はカトゥー・リブランド(Katwo Librando:ボーカル)、クリス・ダンセル(Kris Dancel:ギター)、マイリーン・アカデミア(Myrene Academia:ベース)、リスタル・ノウティスタ(Ristalle Nautista:ドラム)の4人のメンバーで構成されるフィリピンの女性ロックバンド。2009年4月に14曲からなるファースト・アルバム”Sweetheat Snackbar”を発表した。

duster 01.jpg
フィリピンの女性ロックバンド Duster

このバンドの特徴は、なんといっても、その構成メンバーである。ボーカルのカトゥー(Katwo Librando)はナルダ(Narda)、ギターのクリス(Kris Dancel)はカンビオ(Cambio)、そしてベースのマイリーン(Myrene Academia)はサンドウィッチ(Sandwich)に所属する現役のミュージシャンである。彼女たちはみな、第一線の有名バンドで活躍するベテランミュージシャンなのだ。

そんなベテラン女性ミュージシャンたちがなぜ新バンド・ダスター(Duster)の結成に至ったかといえば、マイリーン(Myreen)の「女性バンドがつくりたい」というアイディアだった。そこで、大きな役割を果たしたのが、Eheadsの元メンバーであり、現在はマイリーン(Myreen)の所属するサンドウィッチ(Sandwich)のボーカルでもあるレイモンド・マラシガン(Raimund Marasigan)の存在だった。レイモンドはダスター(Duster)に曲を提供するため、ラジオアクティブ・サゴ・プロジェクト(Radioactive Sago Project)のロード・デ・ベイラ(Lourd de Veyra)に依頼した。

サゴ・プロジェクトといえば、フィリピンの中でも最もアグレッシブで詩的な曲を作ることで有名なバンドだ。そうしてできあがったのが、デビュー・アルバム“Sweetheat Snackbar”である。

特に代表曲“Dek-A-Doodle Dandy”はフィリピンの音楽チャンネルMYXのCMにも使われて、広く知られるようになった。確かに、単調なリズムでありながら、単語だけ入れ替えた同じフレーズを繰り返す手法はサゴ・プロジェクトのそれだ。


posted by philculture at 00:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月25日

カミカゼ(Kamikazee)

カミカゼ(Kamikazee)はジェイ・コントレラス(Jay Contreras)をボーカルとする5人組のロック・バンドである。

jay contreras 01.jpg
Jay Contreras photo by coolbite1

カミカゼ(Kamikazee)もまたフィリピン大学出身のバンドだ。メンバーはもともと美術学部(College of Fine Arts)の学生だった。結成は2000年、最初は大学の学園祭などで演奏する学生バンドだったが、2002年、アルバム「Kamikazee」を発表しプロデビューした。ライブでの過激なパフォーマンスで知られ、ボーカルのジェイは全身に刺青を施している。

初期の代表作“"Tsinelas"やブリトニー・スペアーズ(Britney Spears)のカバー曲"Lucky" なども音楽好きな人間には知られているが、Kamikazeeが全国的に知名度を上げたのは2006年に発表されたセカンド・アルバム「Maharot」に収録された “Narda”の大ヒットによるものだ。”Narda” は2005年のエンジェル・ロクシン(Angel Locsin)を主人公とした超人気ドラマ「Darna」を逆さ読みしたもので、主人公Darnaに思いを寄せる若者の心境を歌ったポップな曲だ(もちろんドラマの主題歌でも挿入曲でもなんでもない)。”Narda”はその年に最も多くラジオで流された曲だといわれている。やはりフィリピンでも一般受けするのは”Tsinelas”のようなハード・ロックより、”Narda”のようなポップな曲なのである。

kamikazee 01.jpg
Kamikazee photo by chewy chua

Kamikazeeはまた、Parokya ni Edgarとの交流が深いことでも知られ、人気が出るまでは長らくParokya ni Edgarの前座を務めていた。これはParoka ni Edgarのボーカル、チト・ミランダ(Chito Miranda)が同じくフィリピン大学の美術学部に在籍していたことにより、デビュー後は同じ事務所(Backbeat)に所属している。今年(2009年)、ボーカルのジェイは結婚したが、その相手はチトの彼女(女優・モデル)の妹だった。まさに家族付き合いの仲である。

Kamikazee: Narda

posted by philculture at 15:58 | Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。