フィリピン英会話ネット
2010年05月21日

WowoweeからWillieが降板?

ABS-CBNのお昼の看板番組「Wowowee」(ワーワーウィー)からウィリー(Willie Revillame)が消えた。

Willie01.jpg
ウィリー(Willie Revillame)

これは同じABS-CBN系列のラジオ局DZMMのホストをつとめるジョバート・スカルディオ(Jobert Sucaldito)に対するウィリー(Willie)の抗議が原因だった。

Wowoweeには一般参加者がゲームに参加し、勝ち残った勝者が100万ペソの賞金に挑戦できる「Willie ForTune」というコーナーがあるのだが、これについてジョバート・スカルディオ(Jobert Sucanldito)はDZMMのラジオ番組「Showbiz Mismo」の中で「Bakit guest na ang mga grades ay 75 percent. Bakit gini-guest ‘yung mga bobo, ‘yung mga nakapasa lang...」(どうして高校を赤点ギリギリで卒業したような馬鹿しか番組に出てこないのか?)と批判したとされる。

これについて、Willieは怒り、5月4日のWowoweeの放送の中でABS-CBNがJobertを降板させないなら、代わりに自分がWowoweeを降板すると宣言。そのまま自発的に降板してしまった。


ウィリーの降板を伝えるニュース

Willieがホストを務めるWowoweeは視聴率20%を誇るフィリピンを代表するお化け番組。日本で言えば「笑っていいとも」の2倍の視聴率がある。それに対して、DZMMのジョバート・スカルディオ(Jobert Sucanldito)は知る人ぞしる、ないしは、一般的な知名度はそれほど高くないラジオDJに過ぎない。そこでウィリー(Willie)がABS-CBNに対して「Jobertを切るか、自分を切るかを決めてくれ」と迫ることは公平じゃないという意見も多く見受けられる。

それにしても、WillieがWowoweeから降板するという話は昨年のアキノ元大統領の葬儀の際にも一度起きた。見ているこちらとしては「またか?」という気もしないでもない。

Wowoweeに関しては、この4月からなぜだか女性アシスタント(Co-host)の数がこれまでの4人から突然8人に倍増されたこととか、Willieが今回の大統領選挙で敗北したビリヤール候補を応援していたこととか、疑問は尽きない。果たして、今回のWillieの降板騒動の裏に、こうしたことが関係しているのかどうかはまったくわからないが・・・・
posted by philculture at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月10日

アンジェリカ・パガニバン(Angelica Panganiban)のドラマ「Rubi」

「Rubi」はABS-CBNが2010年2月から放送しているドラマ。アンジェリカ・パガニバン(Angelica Paganiban)の初主演ドラマとなる。「Rubi」のオリジナルはメキシコの同名ドラマであり、2004年に放送された。

RubiPH.jpg
Angelica Panganibanのドラマ「Rubi」

主役のルビー(Rubi)は富豪の父アルトロ(Arturo)と娼婦ビビアン(Vivian)の間に生まれた娘。ビビアンが刑務所に収監されているときに生まれたため、アルトロによって養女とされた。しかし、母親ビビアンは出所した後、ルビーを誘拐し取り戻す。ルビーは貧しい家庭で育つが、偶然、実の父アルトロの家族に遭遇。家族の幸せを破壊するために策を巡らせる。

Angelica Panganiban03.jpg
アンジェリカ・パガニバン(Angelica Panganiban)

ドラマではルビーがライバル視する心の優しい少女マリベル(Maribel)の役にシャインナ・マグダヤオ(Shaina Magdayao)、ルビーの相談役となる実直な叔母役(Princes)にケイ・アバッド(Kaye Abad)を起用している。ドラマ「Rubi」ではアンジェリカ演じるルビーの残酷さと、シャインナ演じるマリベルの優しさが対照的であり、いつも騙され、苛められるシャインナがかわいそうになってくるが、アンジェリカ・ファンとシャインナ・ファンにとっては両者の露出度(服装のことではない)が高いのでうれしいかもしれない。

shaina_magdayao03.jpg
シャインナ・マグダヤオ(Shaina Magdayao)
posted by philculture at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月07日

アンディ・アイゲンマン(Andi Eigenmann)のドラマ「Agua Bendita」

アグア・ベンディタ(Agua Bendita) は2010年2月から放送されているABS-CBNの主力ドラマ。ビナ・モラレス(Vina Morales)演じるメルセデスが妊娠中に聖水を盗み飲んだことにより、生まれた双子のうち一人(アグア)が水のような姿になってしまう。双子のうちのもう一人(ベンディタ)はアグアを嫌い、アグアは海に捨てられて育つこととなる。

AguabenditaTV.jpg
ドラマ「Agua Bendita」

主役アグア/ベンディタ(一人二役)を演じるのは19歳のアンディ・アイゲンマン(Andi Eigenmann)。アンディはアグアとしては心のやさしい素直な役を演じ、ベンディタとしては嫉妬深い冷酷な役を演じ分けている。

Andi-Eigenmann.JPG
Andi Eigenmann 1990年6月25日生まれ(19歳)

アンディ・アイゲンマンはこれまであまり知られていない女優だったが、突然主力ドラマの主役に抜擢されたことになる。その訳はというと、アンディはフィリピンの有名俳優マーク・ヒル(Mark Gil)と同じく有名女優ジャックリン・ホセ(Jacklyn Jose)の娘なのだ。フィリピンでは有名俳優や政治家の子息が芸能界にデビューする例は数え切れない。アンディの場合もその典型例と言えるだろう。

ドラマ「アグア・ベンディタ」にはその他、ジョン・エストラーダ(John Estrada)、 アレサンドラ・デ・ロッシ(Alessandra De Rossi)、ジェイソン・ガインザ(Jayson Gainza)などの人気俳優・女優を配している。ちなみに「Agua Bendita」の日本語訳は「聖水」。
posted by philculture at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月07日

Starstruck V - GMAのタレント発掘番組

Pinoy Big Brother がABS-CBNのタレント発掘番組ならば、StarstruckはGMAネットワークのタレント発掘番組である。
350px-Starstruckv.jpg
Starstruck V ロゴ

現在放送されているStarstruck Vは2003年の第1期から数えて第5期となり、各国でオーディションを受けた数千人の応募者の中から、14人がファイナルリスト14として選びぬかれ、11月から13週間かけてのテレビ番組の中でさらに最終候補へと絞り込まれて行く。

ファイナルリスト14として選ばれ、番組に登場しているのは次の14人。

Starstruck-5-FINAL-14.JPG

男性

イアン・バゼルソン(Ian Batherson ):1989年1月14日生まれ、ドイツ出身

ロコ・ナシオ(Rocco Nacino):1987年3月21日生まれ、バギオ出身・役者志望

ピエロ・ヴェルガラ(Piero Vergara ):1992年6月25日生まれ、16歳。男性の中では最年少。

エンゾ・ピネダ(Enzo Pineda):1990年8月12日生まれ、フィリピン出身。父親はマニー・パッキャオのエージェント。

レイ・ブルゴス(Rye Burgos): 1989年8月16日生まれ、マンダルヨン市出身。

スティーブン・シルバ(Steven Silva): 1986年11月27日生まれ、カリフォルニア出身

セフ・カダヨナ(Sef Cadayona ):1989年3月3日生まれ、ダンス能力に自信あり。


女性

zerylle-Mae-Lim.jpg
セリル・リム(Zeryl Lim)1987年6月16日生まれ、バーレーンでオーディションに参加。


FiancaJaneCruz.jpg
フィアンカ・クルス(Fianca Cruz)1990年11月24日生まれ、ダンスが得意。12月6日に脱落。


Sarah Lahbati.jpg
サラ・ラバティ(Sarah Lahbati )1993年10月9日生まれ、16歳で最年少。スイスでオーディションに参加。


Nina Kodaka.jpg
ニナ・コダカ(Nina Kodaka )1989年6月9日生まれ、東京出身。日本でオーディションに参加。

PrincessTinkerbellSnell.jpg
プリンセス・スネル(Princess Snell)1992年4月14日生まれ、ラグナ州出身。


normal_Hyacienth_Diva.JPG
ディーバ・モンテラバ( Diva Montelaba)1991年6月14日生まれ、セブ市出身。サン・ホセ・レコレトス大学観光学部の学生で、大学のビューティー・クイーン。


RoxyMonteallegre.jpg
ロクス・モンテアレグレ(Rox Montealegre)1990年4月4日生まれ、アテネオ大学学生。


見ての通り、今期のStarstruckはPinoy Big Brotherよりも二枚目と美人が揃っているのではないだろうか?Starstruckは第1期に、Jennylyn MercadoYasmien KurdiNadine SamonteそしてKatrina Haliliという人気アイドル・女優を多数輩出している。

今期の栄冠は誰のものになるのか、そして人気タレントとして成長していくのか?注目である。
posted by philculture at 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月21日

Pinoy Big Brother

「Pinoy Big Brother 」は ABS-CBNが放送するリアリティー・テレビ・ショー(Reality TV Show)。素人の出演者の物語や体験を台本なしで撮影するショー番組のジャンルとされていて、アメリカなど海外で人気が高いらしい。

PBBdUP.jpg

Pinoy Big Brotherでは基本的にオーディションを経て選考された12人の参加者が100日間に渡って「Bahay ni Kuya」(兄の家)と呼ばれる家で共同生活を送り、様々なアトラクションをこなして行く。その中で、メンバー同士や視聴者投票などにより少しずつ参加者が減らされてゆき、最終的に残ったメンバーの中から優勝者、2位、3位が決定されるという趣向のものだ。これは世界各地で放映されているBig Brotherのフィリピン版である。

これまでPinoy Big Brotherからは10代の若者だけを集めたTeen Editionの中からキム・チュ(Kim Chiu)が、芸能人バージョンであるCelebrity Editionからはビアンカ・ゴンザレス(Bianca Gonzalez)、ジョン・プラッツ(John Prats)、ザンジョー・マルド(Zanjoe Marudo)などの人気スターが輩出されてきた。

フィリピンでは現在「Pinoy Big Brother: Double Up」と題して放送されているのだが、これはこれまでと仕組みが若干変わり、参加者をチームAとBに分けて24人にするなど、複雑になっている。例年はこの参加者の中から将来の人気スターが生み出されるはずなのだが、どうも気になる参加者が見当たらなかったので注目していなかった。そうしたら、先日、放送43日目にして突然2人の新たな参加者が加えられたのである。そのうちの一人がサミュエル・ピント(Samuelle "Sam" Pinto)。現在19歳の大学生で、10歳のころからコマーシャル・モデルとして活動しているモデルでもある。

samuelle_pinto_21.jpg
サミュエル・ピント(Samuelle Pinto)

どうみても他の参加者と比べて格段に美人である。

samuelle_pinto_10.jpg
Samuelle Pinto

samuelle pinto sunsilk.jpg
サミュエル・ピントはSunsilkのイメージ・モデルもやっていた。

ABS-CBNとしてもPinoy Big Brother出身の有名人を輩出したいことから、ここへ来てわざわざ将来性のあるモデルを参加させたのではないだろうか?だとすると、このサミュエル・ピント、これからABS-CBNのバックアップを受けて、人気スターへと成長していくかもしれない。注目である。
posted by philculture at 16:58 | Comment(6) | TrackBack(1) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。