フィリピン英会話ネット
2014年05月29日

ジュリア・モンテス(Julia Montes)

ABS-CBNがカトリーン・ベルナルド(Kathryn Bernardo)とほぼ同時に売りにかかったのがこのジュリア・モンテス(Julia Montes)である。

Julia Montes.jpg
ジュリア・モンテス

Julia Montesは95年生まれの19歳。ドイツ人の父親とフィリピン人の母親を持つ、ドイツ系フィリピン人である。01年に6歳で子役としてデビューした後、05年にはABS-CBNの子役番組“Golin’ Bulilit”に出演。子役としてのキャリアを重ねる中、10年に看板ドラマ“Mara Clara”にKathryn Bernardoとダブル主演し、新世代アイドルとしての地位を不動のものとした。

Julia Montes 01.jpg
ジュリア・モンテス

posted by philculture at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月03日

Mara Claraのキャサリン・ベルナルド(Kathryn Bernardo)

キャサリン・ベルナルド(Kathryn Bernardo:1997年3月26日生まれ)はフィリピンの女優。現在13歳。

kathryn bernardo 01.jpg
Kathryn Bernardo

キャサリン・ベルナルドは2003年、6歳の時ABS-CBNドラマ「It Might Be You」で主役ベア・アロンソ(Bea Alonzo)の少女時代を演じてデビューした。その後も、いくつかのドラマで子役や主役の少女役を務め、2006年の「Supper Inggo」ではMaya役を演じた。また、2007年−08年にはGoing Bulilitにもレギュラー・メンバーとして出演しており、ABS-CBNの抱える子役の一人として活動していた。

kathryn bernardo 03.jpg
Kathryn Bernardo

キャサリンが視聴者に注目されたのは今年の6月から放送されているABS-CBNの人気ドラマ「Magkaribal」で主役の一人グレッチェン・バレト (Gretchen Barretto)の子供時代を演じた時である。非常にすっきりした顔立ちの少女によるシリアスな演技はずば抜けており、「これは来るな?」と感じさせた。また同時期に隣のGMAが放送するドラマ「Endless Love」でも主役マリアン・リベラ(Marian Rivera)の少女時代を演じており、同じ子役が2つの敵対テレビ局で同時期に出演していることも話題になった。

kathryn bernardo mara clara.jpg
Kathryn BernardoのMara Clara

そのキャサリンが主役をやると8月に発表されたのが、ドラマ「Mara Clara」である。Mara Claraは1992年から97年まで実に5年間、計1209話にわたり放送されたABS-CBNの看板ドラマである。当時の主役(Mara役)はJudy Ann Santos(ジュディ・アン・サントス)だった。Judy Ann Santosと言えば、フィリピンを代表する女優であり、その出世作こそがMara Claraなのだ。

今回のドラマはそのリメイクであり、キャサリンは大抜擢されたと言える。ティーン・アクトレスの代名詞だったシャインナ(Shaina Magdayao)がすでに成人した今、キャサリンは今後のABS-CBNのティーン・アクトレスの代表となっていくのだろうか?

kathryn bernardo 02.jpg
Kathryn Bernardo
posted by philculture at 00:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年07月03日

【フィリピン】サム・ピント(Sam Pinto)【美人】

Sam Pinto (Samuelle Lynne Acosta "Sam" Pinto)は1989年12月11日生まれの20歳。10歳のときからコマーシャルモデルとして活動、昨年のPinoy Big Brothers:Double Upの出場者の一人。

sam-pinto.jpg
Sam Pinto

以前Pinoy Big Brotherの記事で紹介したサム・ピント(Sam Pinto)だが、結局PBBでは98日目にして退場となり、順位でいえば10位で終わった。

しかし、そのSam Pinto、今、ABS-CBNの土曜ドラマAgimatシリーズの第4弾「Elias Paniki」に準主演として出演している。役どころとしては主演のジェイク・クエンカ(Jake Cuenca)の彼女役で、ストーリーの中でも重要な役割をなすポジションだ。

sam pinto 03.jpg
Samuelle Pinto

昨年のPBB Double Upで優勝したのはMelisa Cantiveros(Melay)で、メライ(Melay)はすでにいくつもの仕事を貰っているのだけれど、写真を見ればわかるように彼女は顔が残念だから、他のタレントとは役どころが違う。

Melay.jpg
Melay

一方、Sam Pintoは一見して超美人である。但し、美人に特有なキツさというか、いわゆる悪女にもなりうる雰囲気を持っている。こうした雰囲気をもつ美人はなかなか貴重かもしれない。

今回のドラマ準主役への抜擢を見ても「ABS-CBNとしてもPinoy Big Brother出身の有名人を輩出したいことから、ここへ来てわざわざ将来性のあるモデルを参加させたのではないだろうか?」とした前回記事の推測は正しかったのかもしれない。だとすると、今回のドラマで一定の評価が得られれば、サム・ピント(Sam Pinto)はそのままABS-CBNの人気女優として定着していくかもしれない。今後も注目である。

sam pinto 02.jpg
サム・ピント
posted by philculture at 20:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。